ミニロトには確かなアルゴリズム(法則)があります


ミニロト5.jpg

ここで、あなたに知って欲しいことがあります。

それは、ミニロトには確かにアルゴリズム(法則)が存在しているということ。

ミニロトは、1から31までの数字の中から、異なる5個の数字を選び、
当選数字と一致した個数によって1等から5等が決まります。

詳しくはこちらをクリック!!


さて、ここからが本題なのですが、

この当選数字を決定しているのが、
「夢ロトくん」という電動撹拌式遠心力型抽せん機なのです。

この「夢ロトくん」がどういうものかと言えば、
ビンゴゲームの抽選機を大型化したような抽選機です。
よく色んなお店で見かける回転式のくじびき機みたいなものです。

が、この「夢ロトくん」。
実は非常に"アナログ"な機械なのです。

そして、アナログゆえに、
抽選機の僅かなゆがみや傾き
抽選に使用される数字記載ボールの質感や摩擦
などの理由から、システムの確率論のような完璧な結果にはならず、
ある数字だけ他の数字より出現率が数%高い


ある条件に当てはまると、20番台が出にくく、逆に10番台がよく出る。
といった、いくつもの「規則性」が存在することが判明しています。

要は、ミニロトは完全なランダム抽選ではないのです。


100%正確ではないアナログな機械である「夢ロト君」が使われている事により、
そこには”クセ”とも言うべき「規則性」が発生します。


そして、これらの規則性を、等のあらゆる側面からデータを集め、分析、解析することで、
ミニロトのアルゴリズム解明と予想ロジックの開発に成功しました。

詳しくはこちらをクリック!!




タグ:ミニロト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156262738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。